正しいポールウォーキングの実践方法(技術)を学べる本

街歩きポールウォーキング ec

ポールウォーキング」はポールを両手に持って歩くという運動法。
「ポールウォーキング」は一般的なウォーキングよりも20~30%も運動効果が高いことに加え、姿勢の矯正、骨盤の安定などにも役立つ運動法です。

今回は、「ポールウォーキング」に安心して、正しく、効果的に取り組んでもらうためにとても役立つ「本」のご紹介です。

ポールウォーキングをはじめよう!と決心した方には、専用のポールを購入する事とあわせて、ぜひ持っておいてほしい本が『筋バランスを整え、腰痛・ひざ痛に効く 街歩きポールウォーキング』(主婦の友社 2014年)

正しいポールウォーキングのマニュアル的な本です。

街歩きポールウォーキング

 

著者は、ポールウォーキングの開発者であるスポーツドクター・医学博士の安藤邦彦氏日本ポールウォーキング協会(NPWA)代表の杉浦伸郎氏のお二人です。

この本があれば、ポールウォーキングの理論はもちろん実践のための技術ノウハウ・注意点がわかりやすく学べます。

正しいポールウォーキングの方法(技術)の体系

正しいポールウォーキングの方法(技術)

・ポールの長さの設定(調整)の仕方
・(ポールの)グリップの握り方
・基本のフォーム
・足の運び方(ローリング歩行)
・歩幅による運動強度の調整
・階段と坂道の歩き方

等々の基本技術によって体系的に構成されています。

「ポールウォーキング」はスポーツドクター・医学博士の安藤邦彦氏と日本ポールウォーキング協会(NPWA)代表の杉浦伸郎氏による、実践的な研究によって開発された体系化されたノウハウであることがわかります。

意外に大事な「階段と坂道の歩き方」

基本動作はもちろんのことですが、意外に大事なのが「階段と坂道の歩き方」について。
アウトドアでは、坂や階段もありますよね、上りや下り…それぞれでポールと身体の使い方に基礎基本テクニックがあります。

※(私もそうでしたが)特に運動不足で足の筋力がかなりおちてしまった方、膝(ひざ)の状態にあまり自信のない方は、坂や階段、特に「下り」が不安なときもありますよネ。この本の基礎基本テクニックを十分に身につけてから取り組んでくださいネ♪

「ポール筋トレ」と「ポールストレッチ」

この本には、「ポールウォーキング」とあわせて、 ポールを使った

「筋トレ」…「ポール筋トレ」と
「ストレッチ法」…「ポールストレッチ

の解説があります。

「ポール筋トレ」と「ポールストレッチ」もその名の通り「ポール」を活用した独特の運動法です。
特に「ポールストレッチ」はポールが支えになることで、無理なく安心して効果的なストレッチ(動的ストレッチ)をすることができます。

ポールウォーキングのウォーミングアップには「ポールストレッチ」を!!

この本ではポールウォーキングをする前のウォーミングアップ用として以下のポールストレッチが解説されています。

・肩回し…「ポール平泳ぎ」「ポールバタフライ」
・体側ストレッチ
・ふくらはぎと足首のストレッチ

以上の「ポールストレッチ」は、ポールウォーキングで使う主な筋肉をほぐし、筋肉の温度を上げて、柔軟性を高めておく効果があります。ポールウォーキングを始める前のウオーミングアップとしての基本ストレッチといえます。(参照※48~55ページ)

ウォーミングアップのポールストレッチは体で覚えるくらい習得し安全なポールウォーキングを実践しましょう♪

<書籍紹介>

筋バランスを整え、腰痛・ひざ痛に効く 街歩きポールウォーキング

街歩きポールウォーキング⇒アマゾンで詳細をみる
著者:安藤邦彦(スポーツドクター・医学博士)
著者:杉浦伸郎(日本ポールウォーキング協会(NPWA)代表)
発行:主婦の友社
発行日:2014年5月10日

コメントを残す