ポールウォーキングの歩き方とポール筋トレ法(動画)

ポールウォーキングの歩き方とポール筋トレ 動画

前回、ポールウォーキングのウオーミングアップの方法がわかる「動画」をご紹介しました。
動画では日本ポールウォーキング協会(NPWA)代表理事の杉浦伸郎 氏による実演と解説がありました。

※ポールウォーキングのウオーミングアップの方法については
⇒ポールウォーキングのウォーミングアップ(準備体操)動画
をご参照ください。

さて、今回はご紹介する動画は、

1.ポールウォーキングの正しい歩き方
2.ポール筋トレ(ポールを使った筋トレ法)

の2部構成です。視聴時間は全部で約4分30秒

この動画も、日本ポールウォーキング協会(NPWA)代表理事の杉浦伸郎 氏による実演とわかりやすい解説があります。

動画でわかるポールウォーキングの「正しい歩き方」と「ポール筋トレ」

※動画の構成(詳細)

1.ポールウォーキングの正しい歩き方

(0~1:47 約1分50秒)
ポールの長さの設定の仕方
ポールウォーキングの歩き方の3つのポイント
 ① 遠くを見る。
 ② 歩幅を半歩広くする。
 ③ (ポールをおろす位置は)振り出した踵(かかと)の横に「置く」
       (※重要:ポールは「つく」というより「置く」という感じで!!)

2.ポール筋トレ(ポールを使った筋トレ法)

(1:48~4:29 約2分40秒 )
スクワット(目的部位:ももとふくらはぎ)
ひざ上げ&キックバック(目的部位:ハムストリング)

※動画を視聴して気づいたこと

「1.ポールウォーキングの正しい歩き方」について

ポールウォーキングに慣れてくると、ついつい我流のポールの使い方や歩き方になってる場合もあります。
そんな事を防ぐためにも、たまにはこの動画を見て、イメージレベルを修正してみてはいかがでしょうか?

①遠くを見る…遠くを見ることによって「視線と地面の角度」が大きくなります。と同時に「姿勢がまっすぐになる」ことを意味します。逆に近くを見る…(あえて極端なシーン)「足元を見る」としましょう。背中が曲がってしまいますよネ。

② 歩幅を半歩広くする…実践してみて分かったのですが、歩幅が広がれば、腕の振りも連携して大きくなるので推進力が自然に高まり、結果、運動量も大きくなります。(10分も続けていれば、額に汗がにじんできますよ。)

※ただ、私のように膝(ひざ)等の脚の関節が弱い人の場合は、関節への過負荷となる場合もあります。膝とか足首の関節に不安がある人はいきなり「半歩」というより、「いつもより広めの歩幅で!」という意識で取り組んだ方がいいでしょう。

③ (ポールをおろす位置は)振り出した踵(かかと)の横に「置く」…ここでは、ポールのおろし方に※重要 「ポールは「つく」というより「置く」という感じで!!」ということを強調した記載にしました。
それは実践した上での理由があったからです。

実は私、ポールウォーキングを始めた頃に、力を入れてポールを「ついて」いました。…ポールを地面に対しほぼ垂直に「ついて」いたのです。
その結果、数日後、
右手の手首がいたくなったのです

今は修正できているので、本当に「置く」という感じでも、推進力は出るものです。
その理由は、正しく大きく両腕が振れていることによります。

ちなみに、ポールを「垂直についている」人、結構見かけます。(ポールが地面に着いたの「」でわかります。大きな音で、ガチャッ、ガチャッと聞こえます。)

「2.ポール筋トレ法」について

ポール筋トレも、インストラクターさんがいないケース(一人で実践する場合)はなかなか正しくできないものです。(私は、いまだに覚えることができていません。)

そんな場合には、この動画ページをスマートフォンのお気に入りに入れておけば(前回のポールウォーキングのウオーミングアップ法と同様)良いお手本をどこでも確認することができますよ♪

コメントを残す