痛いストレッチはダメ?その理由とは(STRETCHINGを参考に)

ストレッチング

ストレッチ(ストレッチング)と聞くと、体育や部活の思い出、歯を食いしばってやっていた柔軟体操のイメージ、あるいは(人によっては)「(部活での)しごき」のイメージをもっている人がいるのではないでしょうか?
私も、最近まで、ストレッチとは「痛みをこらえて筋肉をのばトレーニング技術こと」といったイメージをもっていました。
ですが、それは完全な誤りで、「痛いストレッチは間違い。」そして(ストレッチをやるうえで)「痛みがあっては何も得ることはできない」ということがわかりました。