衝撃吸収機能付ポールでポールウォーキングしてみた

レビータ・Laくっしょん 2段調節式・アンチショックシステム イラスト

ポールウォーキングを始めて3ヶ月、週に2~3回は外でポールウォーキングを30分間実践するという習慣が身に付いてきました。ただ、ポールウォーキング中、たまに手首が痛くなることも…この手首の痛み、負担を軽減してくれるという、クッション機能があるポールがあるということを知り早速使ってみたら・・・。

ポールウォーキングの実践効果…良かったと思った事(2ヶ月間の成功体験)

街歩きポールウォーキングec

3年前の左足首骨折から極度の運動不足。最近になって「ロコモティブシンドローム対策の運動法」を検討中に知ったのが「ポールウォーキング」。今回は、私がこの2ヶ月間の「ポールウォーキング」の実践で得た効果、成功体験レポートです。

足首関節のケアの効果を『体がよろこぶ超「足首まわし」』で実感した。

超足首まわしec

3年前の左足首の骨折を契機に、ロコモティブシンドロームの不安を感じている中、足首の「コリ」「ツマリ」を解消の効果を調べています。今回はミッキー寺澤氏の「体がよろこぶ超「足首まわし」」について、その実践での効果をレビューしてみました。

正しいラジオ体操の実践のためにDVD付書籍(シニア向け)を選んだ理由

いきいきシニアの「大人のラジオ体操」ec

ラジオ体操の運動効果を再認識し「自分の都合、ペースで、好きな時間(あいた時間に)ラジオ体操をやりたい」という思いと、今の自分、近シニア世代、そしてロコモ(ロコモティブシンドローム)予備軍向けのラジオ体操のDVDを探し出しました。

冷え性と筋肉の関係を知ると筋トレをしたくなる

一生歩ける体のつくり方 ec

45歳を過ぎるまでは、「冷え性」なんて自分には関係ない!と思っていました。不思議な事は…上半身は、寒さを感じないのに、下半身、特に「ふともも」や「ふくらはぎ」がとても寒く、冷たく感じる・・・これはいったいナゼなんでしょう?

ロコモは「足」から…『体のおとろえは、「足」から始まる』その理由と経験

体のおとろえは、「足」から始まる 坂詰真二著

ロコモは「足」から…その理由を坂詰真二 氏の著書『体のおとろえは、「足」から始まる』をもとに探ってみました。また、実際の足、とくに足首の関節の不調の経験談も交えて、いかに、足が大切かを語ってみました。