運動前の静的ストレッチは良いのか?悪いのか?

ストレッチング

運動前の静的ストレッチは無意味という人がいますが、運動前の静的ストレッチにはやはり意味と効果があるようです。ただ、静的ストレッチを運動前にをする場合、注意すべき点があります。これを知らずに静的ストレッチにじっくり取り組んだ場合はマイナス効果もおこるわけです…

ストレッチで「便秘」解消の実践体験

やさしいストレッチ ec

昨年末ひどい便秘になりました。背中にはたまに激痛がはしります。「便秘薬」や腸内環境の改善として「乳酸菌飲料」等を試しましたが一向に解消できません。そんな、苦しい便秘状態で3日ほど経過した頃、「便秘ストレッチ」があることを偶然目にし、試しにやってみることにしました。

ストレッチはDVD(動画)を「見ながら実践」で学ぶべき

やさしいストレッチ ec

ストレッチの効果を得るには、正しいノウハウ(技術)を選び、自分自身で「実践(再現)」できるか?ということがとても重要です。ストレッチを自分自身で「実践(再現)」するためにはDVD(動画)を見ながら実践で学ぶのが最も楽な方法です。

ストレッチでは「伸ばす筋肉」を意識する?しない?

やってはいけないストレッチ

ストレッチに関する本を何冊か研究し始めると、各トレーナー(著者)によって、(ストレッチをする際)・「伸ばす筋肉を意識する」・「伸ばす筋肉を意識しない」という相反する2つの見解(解説)があります。どちらが、正しいのでしょうか?…そしてその理由は?

ロコモ予防策としての「正しい歩き方」をマスターする

一生、自分の足で歩く本ec

坂詰真二氏の『一生、自分の足で歩く本』の内容は、前著『体のおとろえは、「足」から始まる』から連続していて、特に「歩く」ことにフォーカスした内容となっています。ロコモ予防のためには、まず「正しい姿勢」、「正しい歩き方」の技術習得が必要です。

ロコモ対策の「キモ」を「体のおとろえは、「足」から始まる」より学ぶ

体のおとろえは、「足」から始まる 坂詰真二著

前回は、ロコモ(ロコモティブシンドローム(運動器症候群))の原因と、ロコモになる過程を坂詰真二氏の著書『体のおとろえは、「足」から始まる』をもとにレポートしました。今回は、同書より、具体的なロコモ対策。4つの対策とその必要性(理由)がかかげられています。今回はロコモ対策のキモとなる部分についてです。

ロコモは「足」から…『体のおとろえは、「足」から始まる』その理由と経験

体のおとろえは、「足」から始まる 坂詰真二著

ロコモは「足」から…その理由を坂詰真二 氏の著書『体のおとろえは、「足」から始まる』をもとに探ってみました。また、実際の足、とくに足首の関節の不調の経験談も交えて、いかに、足が大切かを語ってみました。

ストレッチなら大減量しなくても、確実に身体は変わるのか

ダイエット 効くストレッチ 効かないストレッチ 坂詰真二

前回、ストレッチのダイエット効果について、坂詰真二氏の著作「やってはいけないストレッチ」 (青春出版 2013年5月) を参考に、ストレッチ、特に、静的ストレッチではダイエット(痩身、減量)できない理由をお伝えしました。 ‥‥

ストレッチでダイエット?やせる?体脂肪はガンガン燃えるのか?

やってはいけないストレッチ

ストレッチで「ダイエット(ここでは「痩身、やせる」という意味)」できるの?とたずねられることが多くなりました。ストレッチで「ダイエット」できるのか?という疑問に対して、明快に解説してくれている書籍があります。坂詰 真二氏の「やってはいけないストレッチ」(青春出版社 出版:2013年5月)です。