長時間の静的ストレッチがパフォーマンスを低下させる要因とは?

ストレッチの科学ec

前回、運動前に長時間の静的ストレッチをすることでパフォーマンスが低下するということの真意について投稿しました。

参考にさせていただいたのは、スポーツ生理学、トレーニング科学、ストレングス&コンディショニング、アスレティックトレーニングの専門家である長畑 芳仁氏が監修された『ストレッチの科学』(長畑 芳仁 監修 、出版社:洋泉社(洋泉社MOOK)出版年月日:2017年1月16日)という書籍(ムック)です。

長畑 芳仁氏によると、静的ストレッチでパフォーマンスの低下がおきるのは「長時間(30秒以上)行った場合」という「但し書き(条件)」があるということでした。

運動前に静的ストレッチを、30秒以上おこなうとパフォーマンスの低下をまねくというのが「正確な情報」であることがわかりました。

では、なぜ?運動前に静的ストレッチを、30秒以上おこなうとパフォーマンスが低下するのでしょうか?

今回は、同書(『ストレッチの科学』)より長時間(30秒以上)の静的ストレッチでパフォーマンスが低下するといことの要因、メカニズムについての長畑 芳仁氏の解説をご紹介します。

長時間(30秒以上)の静的ストレッチでパフォーマンスが低下する要因とは?

 

長時間の静的ストレッチは、なぜパフォーマンスを低下させるのでしょうか?

その要因は、神経系のメカニズムから推測できます。

筋肉そのものに「伸ばされ続けている」との情報を絶え間なくおくり続けると、筋肉はリラックスモードに切り換わり、抑制系の刺激を引き起こしてしまいます。

つまり、筋肉にある紡錘筋などの感覚センサーから情報が送り込まれて、よりリラックスする方向に肉体が導かれていくと考えられます。

すると、瞬発系の運動には必要な、肉体の適度な硬さまでもが失われてしまうのでしょう。

『ストレッチの科学』18~19ページ

長時間(30秒以上)の静的ストレッチは「瞬発系の運動には必要な、肉体の適度な硬さまでもが失われてしまう。」ことで、運動のパフォーマンスが低下させるという事らしいです。

その背景に、神経系のメカニズム、「筋肉そのものに「伸ばされ続けている」との情報を絶え間なくおくり続けると、筋肉はリラックスモードに切り換わり…」があるということはとても参考になります。

あわせて、静的ストレッチはリラックス効果が高いともいえます。

ストレッチ習慣

アスリートではない人が、日常生活の中で、静的ストレッチを習慣的に実践することは、疲労回復とあわせ、リラックス効果を得るために有効であることを再認識できたのではないでしょうか!?

コメントを残す