スローステップ(踏み台昇降)運動の消費カロリー計算を試みた

ACSMメタボリック・カリキュレーション・ハンドブックec

スローステップ(踏み台昇降運動)の消費カロリーはどれくらいなのか?

以前、投稿した
⇒スローステップ(踏み台昇降運動)の運動効果(消費カロリー)

で引用したNHKのためしてガッテン「科学のワザで確実にやせる。」(主婦と生活社 2010年6月)での、 「(スローステップの)消費カロリーは1分間に80回のテンポでウォーキングの1.4倍。1分間で100回なら1.6倍です。(58ページ)」程度のことしかわからなかったのですが…

今回は簡易的ですが「(スローステップの)消費カロリー」の知るための計算法を試みました。

METs(メッツ)の値がわかれば消費カロリーがわかる。

METs(メッツ)は「Metabolic equivalents」の略、日常の活動・運動を行った時に安静状態の何倍の代謝(カロリー消費)をしているかを表す単位です。

日常の活動・運動METs(メッツ)の値がわかれば(簡易的ではありますが)消費カロリーを算出することができます。

計算式は

消費カロリー(kcal)=1.05×METs(メッツ)×時間(h)×体重(kg)

スローステップ(踏み台昇降運動)の運動効果(消費カロリー)は、そのMETs(メッツ)の値がわかれば、消費カロリーは計算できるわけです♪

スローステップ(踏み台昇降運動)のMETs(メッツ)の値はいくつなのか?

現在、日常のいろいろな運動や活動でのMETs(メッツ)の値はかなり細かくわかっています。

ところが、スローステップ(踏み台昇降運動)のMETs(メッツ)の値を調べてみたら、これが見つからない…。

その理由を専門家に聞いたところ…

「踏み台昇降運動、ステップ運動は、条件・・・つまり「ペース(1分間のステップ数)」と踏み台(ステップ)の「高さ」によって運動量が異なるため設定できないんです。」

ということでした。

「なるほど、そりゃそうですね…でも何か目安になるでもありませんか?」

とさらに質問しましたら、

「計算式はありますよ…『ACSMメタボリック・カリキュレーション・ハンドブック(ACSM’s metabolic calculations handbook)』というテキストにのっています※ACSM(アメリカスポーツ医学会)

 

 

『ACSMメタボリック・カリキュレーション・ハンドブック』の「9.ステッピング方程式」

ACSMメタボリック・カリキュレーション・ハンドブック

『ACSMメタボリック・カリキュレーション・ハンドブック(78ページ)』
9.ステッピング方程式

ACSMステッピング方程式

上記ステッピング方程式をもとに以下の条件で計算してみました。

 

ステップ率=20/分 ※80歩/分÷4=20/分(昇って降りる4歩を1サイクルとする)
・高さ0.2m(20㎝をメートルに換算)

計算結果の値は「5」

スローステップ(踏み台昇降運動)で、
1分間に80ステップ(歩)=ステップ率20
・高さ20㎝での
METs(メッツ)の値は「5」となりました。

METs(メッツ)の値さえわかれば、あとは、最初のメッツによる消費カロリー計算式

消費カロリー(kcal)=1.05×メッツ×時間(h)×体重(kg)

に数値を入れるだけです♪

例えば、

ステップ台の高さ20㎝、1分間に80回(歩)のペースで
体重80㎏の人が、10分間、スローステップ(踏み台昇降運動)をした場合の全消費カロリーは

消費カロリー(kcal)=1.05×5(METs)×1/6(h)×80(㎏)=70(kcal)

次に、スローステップ(踏み台昇降運動)での運動による消費カロリーは、安静時のエネルギー量(何もしなくても消費されるエネルギー量)

1.05×1(METs)×1/6(h)×80(㎏)=14(kcal)

を差し引いたものなので

ステップ台の高さ20㎝1分間に80回(歩)のペースで体重80㎏の人が、
10分間スローステップ(踏み台昇降運動)をおこなった場合の消費カロリーは

70-14=56kcal

となります。簡易的な計算法なのですが目安としては使えます。

※参照データ

ラク~にやせる若返るs

『NHKためしてガッテン ガッテン流の運動法でラク~にやせる、若返る。(主婦と生活者 2011年7月30日)』の19ページに「10分間の消費カロリー早見表」があり、

体重80㎏の人が、高さ20㎝ステップで1分間に80回(歩)のペースで10分間スローステップ(踏み台昇降運動)を行ったときの消費カロリーは、53kcalとありました。

3kcalの違いがありますが、今回の計算法で導いた値でも特に問題はないと(私は)考えています。

【参考図書】

ACSMメタボリック・カリキュレーション・ハンドブック

ACSMメタボリック・カリキュレーション・ハンドブック(ACSM’s metabolic calculations handbook) 運動時代謝の計算法

編集者
Stephen Glass,PhD,FACSM
Gregory B.Dwyer,PhD,FACSM

監訳:大野秀樹
訳 :長澤純一
発行所:NAP(有限会社ナップ)
発行:2008年4月4日

コメントを残す