「着圧ソックス」の初心者によるクレームの真相は…「勇みあし?」

美脚めざして勇みあし

「寝るときに履く着圧ソックス」…フットケアの代表的アイテム。
「翌朝脚スッキリです!」「朝起きると脚が軽いよ♪」といったうれしいコメントやレビューが多いアイテム。 だから販売する側も自信を持っておススメできます。

でも長年販売していると、たまにあるのが以下のようなクレーム・レビュー

「寝てたら脚がきつくて、痛くなって、すぐに脱ぎ捨てました!!」

こちらも慌ててメールにてサイズ表を添付して「適応サイズを確認されましたか?」とおたずねします。 …大抵お返事はありません。ですが、原因は、ほぼ「サイズ違い」と考えられます。

「着圧ソックス」での、「きつくて、痛くて」系のクレームについて調べてみた

「着圧ソックス」での、「きつくて、痛くて」系のクレームする人を調べてみたら、ほとんどが初購入の方でした。

そこで気づいたコト1点…このケースの「サイズ間違え」は「単純ミス」ではなく…「着圧ソックス」についての「誤解」に原因があるようです。

美脚めざして「勇みあし」…あえて、小さいサイズを選んだりしてませんか?

先日、知り合いの女性Yさん(年齢31歳)(立ち仕事メインの日常…体型、ふくよかタイプ…もちろん脚も)から「脚のむくみがつらい」ということで、たまたま着圧ソックスを話題にしたところ…

「それ(寝るときに履く着圧ソックス)…使ってみたんだけど、寝てたら脚が痛くなって、夜中、速攻、脱いじゃいました!!」

えっ、それって、サイズ間違えたんじゃないの?」と(わたくし)ほぼ反射的に聞いてみたら…

彼女は、急に黙ってしまい…苦笑い。

もしや?と思い…究極のクエスチョンをしてみました。

「あえて、小さいサイズ選んだりしてない?」

すると、彼女は、顔を真っ赤にして…いきなり大爆笑!!

「はははは、そうそう!当たり!!…サイズ小さい方が早く脚が細くなるんじゃないかなぁ~♪と思って…」

「やはりネ!!それって完全に、「美脚(あし)めざして「勇みあし」だよ!!」

美脚めざして勇みあし

「寝るときに履く着圧ソックス」…初心者にありがちな誤解

着圧ソックスは、脚の各部位(足首、ふくらはぎ、ふともも)に適度な着圧をほどこすフットケアアイテムです。(補正や矯正アイテムではありません。)

でも初めての場合、ユーザーレビューとかを参考にすると

「着圧がしっかりしている」とか「引き締まってる感じがいい!」という言葉から、

「着圧力は強ければ強いほどいいんだぁ!!」…「サイズ小さい方が早く脚が細くなるんじゃないかなぁ~♪」と思ってしまいがちです。でも、決してそうではありません。

あくまで、寝ていても不快に感じない程度の「適度な着圧設計」がウリ(特徴)なのです。

【参考】
加圧・着圧アイテムに関して過度の圧力がかかった場合のトラブル等にふれたページも新たに作成しました。
加圧・着圧系のスパッツやトレンカ、ガードル等のアイテムをお持ちの方や検討されている方には役立てる情報だと思っています。よかったらご参照くださいネ♪
※ご参照⇒加圧・着圧系衣料アイテムの使い方での注意点(加圧スパッツの例を参考に)

コメントを残す