「寝ながらメディキュット」の「寝るとき専用設計」をあえて詳しく考察してみた

寝ながらメディキュット 寝るとき専用設計ec

「寝ながらメディキュット」は、他のメディキュット段階着圧ソックスのシリーズ…例えば「おうちでメディキュット」と何がどう違うのか…なぜ「寝るとき専用なのか?」…

「寝るとき専用設計」とは一体どんな設計(構造)なのか?どんな特徴・工夫があるのか?

…寝るときの着圧ソックス選びの上で、とても大事なところなので、今回はあえて詳しく考察(レビュー)してみることにします。

◆寝ながらメディキュットの「寝るとき専用設計」その4つのポイント

寝ながらメディキュットの「寝るとき専用設計」はパッケージの裏面に以下のように表示されています。以下の赤枠で囲んだ部分(※参照パッケージはロングタイプのM、Lサイズのもの)寝るとき専用設計とは

寝るとき専用設計 着圧ソックス
①寝るときに最適な「低め」の着圧値で効果的にひきしめ、翌朝の脚すっきり

②足首は寝ている姿勢にあわせたフラット設計

③つま先なしで、お休み中の熱を発散

④幅広リブでずれにくく、寝返りを打っても安心

◆「寝るとき専用設計」の考察(レビュー)

icon-point1-1-p寝るときに最適な「低め」の着圧値…リンパマッサージの理論を知っている私からすれば、着圧力は「低め」で十分。

「低め」といっても足首21hPa、ふくらはぎ16hPa、太もも11hPaはしっかりした着圧力ですよ。)

icon-point1-3-pつま先なし…いわゆるオープントゥの構造は、今や他メーカーでも採用されている「標準快適構造」ですネ。

icon-point1-4-p幅広リブ…(リブというのは履き口の部分の「編み方」の名称)着圧ソックスにはNGである「ズレ」や「めくれ」を防ぐことが目的。リブの幅を広くすることで適正着圧力を確保しつつ、「ズレ」や「めくれ」を極力防ぐという工夫です。

◆私が一番「ナルホド!!」と思った「足首フラット設計」

そして、私が一番「ナルホド!!」と思ったのは②の「足首フラット設計」です。

icon-point1-2-p足首は寝ている姿勢にあわせたフラット設計 …確かに寝ているときの足首と足の甲の角度は、かなり開いてフラット(水平)に近くなりますよね。
寝ているときの脚足首01横になって寝た時のリラックス状態の足の角度・形状にまで配慮するとは…本当に使う人間のことを考えた設計。「技ありの発想」ですネ♪

「寝ながらメディキュット」のロングとスパッツはM・L・LLの3サイズ展開(ショートはM・Lの2サイズ)です。
1つのアイテムで3サイズそろっている事も「寝ながらメディキュット」シリーズの魅力の一つです。

 

 

コメントを残す